▲ 精神的にシンドい難コース – 両神山 (1,723m)

春先に登ろうとしていた山行スケジュールの折り合いが付かず延期していたため、入梅前に調整して3人で両神山に登ることに。伊弉諾・伊弉冉尊 (いざなぎ・いざなみのみこと) の二神を祀るために両神山と呼ばれているらしい。
先週は やまそら祭 で飯能に来ていたので、偶然だが2週続けて秩父に向かうことになった。

当日の天気予報は「曇り 後 晴れ」。
朝の時点でどんよりとした雲が一面を覆っていて、どの程度晴れ間に恵まれるかは未知数だが、前日の雨が早めに上がってくれたので、コースコンディションはそれほど心配無さそう。
5時半過ぎに立川駅で集合して、友人の車で秩父に向かう。

日向大谷口 → 清滝小屋

8時過ぎに登山口の1つである日向大谷口に到着。
日向大谷口は東側からアクセスする形で、数あるコースの中では距離が長い部類に入る。
両神山は岩場や鎖場が多く、滑落による負傷・死亡事故が度々報告される山なんだけど、今回は雨の翌日であることなども考慮して、一番危険の少ないコースを選んだ。

登山口の標高は670m、目指す山頂までは1,000mちょっとの高低差となっている。
登山口前には有料/無料合わせて40台程度の駐車場があるが、我々が到着した時点で無料は9割以上、有料でも大半が埋まっている状況だった。

登山口に指導員が居て、先週末に熊が出没して怪我人が出たことを教えてくれた。
どんなに警戒していても相手は生き物、遭うときは遭うものなので気を引き締める。
登山届に記入して、8時半にスタート。

スタート直後はアップダウンが入り混じり、左側が沢 (薄川) に向けて切れ落ちる細い道が続く。
注意していればそれほど危険ではないが、擦れ違う場所は少し考えた方が良いかもしれない。

30分ほど歩いて沢に下り切る手前辺りが地図に会所と書かれた地点で、そのまま薄川に沿って進むコースと、七滝沢にシフトするコースに分岐している。
次のポイントとなる清滝小屋まで地図上の距離は大差無いように見えるのだが、前者は90分、後者は180分とかなりの隔たりがある。後者は破線で「崩壊箇所あり」と記されており、基本的に中級者以上のコースのようだ。
一応、初心者ではないつもりだが、タイムスケジュールの面で無理をしたくなかったので、とりあえず今回は前者のコースを使うことにする。

会所からそのまま下り切ったら、小さな滝を見ながら沢を渡るコースが始まる。多少の増水で渡渉が困難になるようなので、大雨の後などは情報を確認して赴くのが良さそう。
水に手を浸せるポイントも所々にあるし、序盤は緩やかで歩き易いのだが、沢から離れるにつれて徐々に傾斜がキツくなり、やがて地図で急坂と記されるようになる。極端な急坂は多くないものの、延々とそれなりの傾斜が続いて、一息入れるタイミングが無い。沢沿いで涼しいけど終始展望は得られず、景色に変化が無いので精神的な負荷が案外高かった。
鎖やロープも多少はあるが、ほとんど使う必要が無い程度のものなので、気分転換のアクセントとしては力不足。

会所から1時間、清滝小屋までの間で唯一の休止ポイントと言える弘法乃井戸。
水は冷たくて美味しいのだが、絵としてはかなり地味なのでインパクトは弱い。それでもテンションが下がり切ったところでの登場ということもあり、非常に有り難い。

清滝小屋と両神神社

弘法乃井戸から10分、10時過ぎにやっとの思いで清滝小屋に到着。
小屋は休業中だが、管理はされており、緊急時の避難小屋として活用出来る。水場やトイレも綺麗な状態で維持されているし、10張程度のテント場もあるようだ。
この先も案外長いので、ここで大休止しておくのが良いだろう。

▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します
▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します

清滝小屋の次は、両神神社を目指す。
1時間弱の道程だが、相変わらず展望はほとんど得られない。(これまでよりは若干マシ)
ここからは所々にロープや鎖が入り混じるようになるものの、ほとんどはそれに頼る必要が無い程度なので、気分を変えるにはインパクトに欠ける。

かなりうんざりしながら、11時に両神神社に到着。
ここの狛犬はやはり狼のようだけど、ちょっとユーモラスな顔付きをしている。でも、夜中に出くわしたら怖いかもしれない。

両神山 山頂

山頂まで最後の30分。
山頂直前まで本当に展望を与えてくれない酷いコースではあるが、この日はギリギリ残っていたツツジが僅かながら労をねぎらってくれた。

最後の最後にガイド本等でよく見る岩場を上り、11時半に山頂到達。
写真ではそこそこの岩登りがあるように見えていたけど、実際はそれほどでもなかった。これなら 乾徳山 や 十二ヶ岳 の岩場の方が、余程迫力があった気がする。

岩山にありがちな狭い山頂は、腰を下ろす場所を探すのにも一苦労。それでもさすがに百名山に名を連ねるだけあって、展望はなかなか見事。特に今回のコースは出発からの3時間、一切の展望を与えてくれていなかったこともあり、待ちに待ったパノラマビューに対する感慨も一入だった。
遠くには富士山が見えていたが、到着して15分程ですっかり見えなくなってしまったので、前回の石割山 に続いてギリギリ見ることが出来たのはラッキーだった。

▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します
▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します

ピストンで下山

12時半に山頂を発って、あとは上りと同じコースをピストン。下りにしたところで展望がゼロなのは変わらないため、ゲンナリしながら延々と下り続ける。
途中、テントを背負ったグループと何度か擦れ違った。清滝小屋のテント場を利用するのだと思うが、地図に記された「10張」に対して、確か20人以上と擦れ違った気がするので、避難小屋も使わないとスペースが足りなそうだ。今回のコースに特別な魅力は見出せなかったけど、泊まりだとまた違うのだろうか。

15時少し前に下山完了。やはり下山も最後までグダグダな感じ。また両神山に登ることはあるかもしれないけど、このコースを使うことはもう無さそう。

悦楽苑で第2のピークハント

とりあえず、近場の道の駅に併設されている 両神温泉 薬師の湯 で汗を流し、本日のセカンドピークである 悦楽苑 に向かう。ちょっと不思議な名前だが、「ラーメンやカレーもある定食屋」のようなお店。
パッと見ではどこにでもある街の定食屋なんだけど、この店の特徴は盛りの良さにある。と言っても、すべてのメニューが満遍なく多いというわけではなく、チャーハン、みそラーメン、カツ重辺りが極めてヤバいらしい。

1人はラーメン、もう1人はみそラーメン、そして自分はみそチャーシューメン。チャーハンやカツ重も惹かれるが、山の後はラーメンと決めている。
いつもなら迷わず大盛にするところだが、事前に調べていた情報から、今の自分には無理だと判断。健康診断をパスした直後とはいえ、寄る年波には勝てない。

運ばれてきたラーメン、みそラーメン、みそチャーシューメン。
ラーメンは至って普通なのに、みそラーメンは完全に別物のボリュームである。これで50円しか差が無いというのだから、食べ切れるならみそラーメンを選びたい。一見すると二郎系のようだが、味はどちらかと言うと優しめだし、麺も細め。

みそラーメンは山になったもやしを別皿に移すことが前提になっているらしく、最初から子供用 (?) の丼が用意されている。試しにもやしを移してみると、麺の量自体は普通の店の大盛ぐらいのようだ。

ひたすら食べ進めて半分ぐらい減らした時点で、「これは完食出来ないかも」という焦りが浮かんだ。”大盛”ならまだしも、たとえ名目上でも”普通盛り”を完食出来ないとなると、これは我が麺人生において最大の敗北であり、「引退」の二文字が脳裏を過る。
それでも何とか勢いを落とさず、無事に完食に漕ぎ着けられたのは、このラーメンがくどくない優しい味だったからだと思う。途中で提供されるサービスのメロンソーダにも、随分助けられた。

一応補完しておくが、このみそラーメンはちゃんと美味しい。
チャレンジメニューとは違うので、苦行に挑むような感覚ではないことをご理解頂きたい。


今回の山行は多少コース選定に失敗した感があり、再び同じコースで登りたいかと訊かれると正直微妙なところもあるのだが、山頂では百名山のそれに相応しい見事な展望を堪能出来た。
最後の最後で思わぬ山に遭遇して心を折られ掛けたりもしたけど、それも含めて何とか無事にプランを完遂したので結果オーライ。
梅雨時期は一旦お休みして、また7月後半の山選びを進めておきたい。

GPSデータ